生産管理システムを日本一安く導入します

日本一安い生産管理システム

  • HOME »
  • 日本一安い生産管理システム

生産管理システムを日本一安く導入します。

 

in-Fcatory研究所の理念と提言

21世紀のグローバル社会で製造業が生き残るために
グローバル化と少子化が進む経済状況では大企業の国内投資は縮小の一途です。そこに追い討ちを掛けるようにTPP、EPAなどで海外資本が日本に投入されてきます。中小製造業が生き残る為には少なくなる需要に対応する生産能力と徹底した効率化合理化が必要です。
全国の製造業に生産管理システムを普及

ドイツでは零細工場でもSAP等のシステムが導入されおり、インターネットで結ばれて国全体で効率化合理化が進むと言われています(industry4.0)。これに比べて日本では工場のシステム化は大きく遅れておりこれに対応できません「日本の未来を守る為に全国の工場に生産システムを普及しなければならない」との強い理念を持って、生産管理システムの普及活動を進めております。
受注生産から計画生産への転換が必要
受注生産(製番)は終身雇用と同じく日本固有の考え方で殆どの工場はこの生産形態だと思います。ここには合理的な計画は無く技を磨く事で原価低減を図ってきました。しかし時代が変わり、計画的に生産し効率化と合理化を進める事が生き残る手段になります。
製造業に特化した極小のベンチャー企業だから出来る事
in-Factory研究所及は製造業に特化した極小のベンチャー企業です。ベンチャー企業だからこそ独創的な技術で進化した生産管理システムを驚くべき低価格で提供する事が実現出来ました。
また、フリー版のDL実績は3000本を超えており全国の数多くの工場で導入頂いております。


経営パートナー企業様を求めています。
当社の活動に理解と賛同頂ける企業があればこの活動を続ける事ができます。in-Fcatory研究所はこの活動を進める為にご支援と出資を求めています。
ご出資を頂きました経営パートナー企業様には、「in-Fcatoryのソースプログラムの提供」と「in-Fcatoryの共同権利」を承認いたします。製造業様では自社開発ソフトとして今後の追加開発を自由に行って頂けます。また、IT企業様には、自社商品として開発と販売を行って頂けます。
わが国の未来の為に、ご賛同とご支援を頂けますよう心よりお願い申しあげます。

本文に対するご意見や経営パートナーの申し込みはお問い合わせからご連絡をお願いいたします。

 

格安OUTLETダウンロード販売」 in-FactoryV2、工程管理ツールをお安く提供

工程管理ツールやin-Factoryを60%offでダウンロード販売しています 。「ダウンロードでは導入作業が不安」と心配かも知れませんが、全国で多数のお客様が当社の導入サポートを受けてご自分の手で導入されておりますので、ご安心してご購入頂きたいと思います。
ご注意!ダウンロード版は安価にて提供させて頂いておりますので、ご質問の受付や操作教育などの導入サポートは別途有料とさせて頂きます。

詳細バナー

 

「ものづくりポータル」月々3万円でin-FactoryV2(サポート込み)を使用できます。

生産管理の担当者達のコミニュティサイト「ものづくりポータル」を公開しました。
インターネットに氾濫している各情報から経済や製造業に関するニュースをピックアップして表示しています。また、ITや業界の最新動向を解り易く解説したコラムも随時更新しています。さらに、プレミアム会員様はin-Factory V2 の最新版のご使用と保守サービスをご利用頂けます。

詳細バナー

 

いずみ生産管理、in-Factoryフリー版の操作教育を行ないます。

生産管理システムを最も安く導入する方法はフリーソフトを導入する事です。フリーの生産管理システムで実績豊富な「いずみ生産管理」又はDL実績が3000本を超えた「in-Fcatoryフリー版」の操作教育を行います。現在使用中のお客様で操作方法が解らずにお困りでは無いですか? *詳しくはお問い合わせ下さい。

操作教育費・・1日当たり¥100,000+実費交通費

「生産管理の概要」を現場目線で講習します

生産管理システムを円滑に運用するには操作教育だけでは不足であると考えます。生産管理の概要を理解して自社に合った運用を実地する事で導入効果を得る事ができます。さらにこの知識は将来的にステップアップを行う際にも役立ちますので、生産管理システムの基礎知識を習得する事をお勧めいたします。私は某建機メーカで自社工場から関連企業、協力企業まで100社以上の導入に携わり数多くのパターンを経験してきました、お客様の目線で業態に合わせた講習を分かりやすく説明いたします。*詳しくはお問い合わせ下さい。

生産管理システムの講習費・・1日当たり¥100,000+実費交通費



Excelで日程計画を作成してませんか?

日程計画表の作成は管理担当者にとってとても大変な作業です。システムで効率化を図りたいところですが、スケジューラソフトは高額でしかも条件設定が難しく簡単には導入ができません。多くの工場ではEXCELを駆使して受注集計や作業表並びに日程計画のガントチャートを作成しているのが実態ではないでしょうか。

「がんすけ」との双方向連携で日程計画が作成できます。

簡易スケジューラ「がんすけ」との双方向連携を行い最適な作業指示を作成します。Excelの受注一覧表を取込み「がんすけ」で日程計画を作成します。この変更データを工程管理ツールに戻し作業指示書を発行します。

生産管理ソフトが無くても作業指示書が作成できます。

多くの製造業では販売管理システムを使用していました。受注出荷や発注仕入れだけならこれで充分に運用できますが、これでは製造現場に対し具体的な作業指示を出す事ができません。工程管理ツールには所要量展開の機能もあり、生産管理システムが無くても受注から作業指示書の発行や受注/作業指示一覧の照会が出来ます。

工程管理ツールの特長!

1.受注入力又はExcelの受注表から所要量を展開して作業指示書とガントチャートを作成します。
2.現在使用中の生産管理システムと連携して工程管理ができます。
3.作業実績をインポートすれば、工程カントチャートで予実管理が出来ます。
4.工程ガントチャートで修正した内容を、作業一覧や作業指示書に反映します。
5.一覧表などの帳票や作業指示書を発行します。
*「がんすけ」はシェアウェアの簡易スケジューラです。自動最適割付などの機能はありませんが手軽にガントチャートの作成ができます。 がんすけのリンク

詳細バナー

 

 



 

今の生産管理では工場の悩みは解決しない

・得意先の発注や内示がよく変更になる。生産計画や作業指示を簡単に変更したい。
・事前に見込みで生産したい。もっと簡単に生産計画の運用が出来ないか。
・製品、仕掛、材料在庫を明確にして削減したい。

以前の工場ではルールに基づいた量的生産が生産効率を高めて利益が出ると考えられおり、生産管理システムは欠品を防ぐように多量の在庫を持ちルールに通りに作業指示を作成する事を前提に開発されています。従って多量に在庫が発生し状況に合わせた変更が難しくなります。また個別受注生産は無駄が多く現状とシステムが一致しなくなる為に、製造業は生産管理システムを使用しなくなりました。

比べて下さい、ここが違います

客先からの受注や内示は頻繁に変更するので簡単に変更出来る事が運用の秘訣です。個別受注生産の場合は受注変更で作業指示が変更になり、生産計画の変更削除も簡単に行えます。さらに共通となる半製品を見込生産し個別受注生産で完成後出荷する事で無駄を省いた個別最適化も実現出来ます。
また、in-Factory研究所は個別受注生産から計画生産への転換をお勧めしています。個別受注生産を行っているお客様が違和感なく生産計画が使用できるようにシンプルな操作を重要視しています。
このように高機能で操作性が高い生産管理システムを「ベンチャー企業だから出来る驚きの価格」で提供しております。

他に類を見ない画期的な生産管理に進化

進化の内容
1.個別受注生産と見込生産との融合で(無駄を省いた)個別最適生産が実現可能。
2.生産計画とMRP確定後の変更削除が可能で客先の変更要求に対応可能。
3.操作と運用の簡素化を実現し、さらにトラブルからの簡単リカバリィを追求。
4.生産計画とスケジューラとの双方向連携で作業計画の最適化が実現可能。
*スケジューラに合わせて双方向連携のインターフェースをカスタマイズします。

in-FcatoryV2 だけにある特別な機能

in-Factory研究所の独創的な技術で今までに無い画期的な機能を開発しました。

1.MRPの進化系!HighSpeed MRP2.0

in-Factory V2には新しく高速化したMRPエンジンを搭載しています。MRPの計算ロジックを根底から一つ一つ見直した結果として計算処理度が6倍速くなりました(当社比)。この高速MRPで業務中でのMRPの実行処理が可能となり生産計画のシュミレーションがより容易になります。

2.次世代の融合型BOM

次世代の統合化BOM(部品表)とはマスカスタマイゼーションという考えの基本機能でハイブリッドMRPの進化系です。今後の生産管理システムの主流となると考えられており、1つのBOMでMRP型と受注生産型との混在で適材適所生産を可能とし無駄を省いた量産(個別最適化生産)を実現します。

3.生産計画の変更と削除

他の生産管理システムでは生産計画とMRPから作業指示を発行した後での変更は困難でした。in-FcatoryV2ではMRPから作業指示書を発行した後でも生産計画の変更と削除が可能です。この場合は生産計画と一緒に作業データも一緒に変更や削除され、受注や内示変更による生産計画の変更を容易にします。

4.統合バックフラッシュ機能で入力作業を省力化・簡略化

SAPが標準としている機能で、生産管理システムの運用業務を省力化及び簡略化します。工程バックフラッシュと組立バックフラシュがあり、後工程の入力で前工程の作業実績入力と仕掛在庫の引当を自動で行ないます。これにより業務のスピードがアップします。

5.導入、運用とリカバリーを簡単にする為にファイルシステムを使用

in-FactoryV2は、運用とトラブル対応を容易に行う為にあえてDBを使用していません。この開発はとて面倒で開発コストが増えましたがお客さまの事をだけを考えると必要な技術でした。また高速処理や汎用クラウドを使用する事も可能です。全てのデータはMDBに変換しAccessで活用する事ができます。

6.生産計画とスケジューラとの双方向連携

今までスケジューラの最適割付を生産管理システムに戻すことは、生産管理の作業データとスケジューラのJOBデータが一致出来ない為にとても困難で大きな課題でした。これを独創的な技術で、生産計画・MRPの作業データを外部のスケジューラに渡しリスケジュールの結果を生産計画に戻す事で負荷を考慮した生産計画の作成を実現します。
*機能の制約がありますので、in-FactoryV2の機能紹介で確認して下さい。

詳細バナー

 

フリーソフト版 及び トライアル版をダウンロードできます。

生産管理システムのトライアル版ダウンロード

当社は全国の工場に最新のIT技術を広く普及する事を経営理念としており、手軽に生産管理システムを導入して欲しいとの願いからスタンドアロンで製番型に機能を限定した生産管理システムin-Factoryのフリーソフト版を無料提供しております。
in-FactoryV2トライアル版をダウンロードできます。生産計画・MRP機能、など正規版と同じですが使用期限が1ヶ月限定です。 ダウンロードのページから入手して下さい。

 

安心の開発とサポート体制

また、in-FactoryV2はフォースネットワークと複数の開発パートナーとが共同で開発を行い、in-Fcatory研究所と代理店が販売しております。現在、各地域のソフトウェア開発企業様から開発希望があり当社もこの開発パートナー様を増やしていく予定です。
生産管理システムの導入を検討している製造様は安心してin-FcatoryV2をご用命下さい。

*in-Fcatory V2のカスタマイズやアドオン開発をご希望の企業様は、ソースプログラム等の開発環境を提供を含めてお打合せをさせて頂きます。まずはご連絡下さい。

詳細バナー

検討中のお客様へ

生産管理システムを検討しているお客様にプレ・サポートサービスをご案内します。質問、疑問、ご要望、何でもお手軽にお問い合わせ下さい。

① お電話、メールでのお問い合わせに回答いたします。
② 遠隔(リモート)デモを行ないます。
③ 説明資料をメールでお送りいたします。
④ デモ及び説明に御社までお伺いします(有料)。

ご購入を希望される場合は、当ホームページから申込頂くかお付き合いのある販売店にご相談下さい。
0%e6%95%99%e8%82%b2

 

 

詳細バナー

 

 

in-Factoryは業種と用途に応じて選択ができます。

in-Factory V2 MRP混合型生産管理システム
in-Factory Seiban 製番(受注生産)型生産管理システム
in-Factory for CAST 鋳造業向け生産管理システム
AP-Fcatory 自動車部品製造生産管理システム(かんばん方式)
in-Factory for Docuworks Docuworks連携・生産管理システム
in-Factory for English 海外工場向け生産管理システム(英語表示)

 

 

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »