生産管理システムを日本一安く導入します

外部のスケジューラと連携

生産管理(MIS)と製造管理(MES)の違い

生産管理システムとスケジューラなどの製造管理システムとは、システム全体の管理方法が大きく異なります。まずこの違いから説明します。

生産管理システム(Manufactur Information Systems)

基本的には納期厳守と在庫管理で、何日までに、何処で、何を、何個生産する。という数値目標を算出し実績との比較を行ないます。つまり、製品の最終納期から引上げ式で各工程の生産数と作業納期を算出し、ここには作業時間という概念はありません。

製造管理システム(Manufactur Executionr SystemsMES)

基本的には実際の生産現場に合わせて、何日から、何処(作業部署・設備)で、何を、何時間で生産するという数値目標を算出し実績との比較を行ないます。つまり初工程の着手日から押上げ式で、各工程の着手予定を計算していきます。工程スケジューラなどがこれに当たり、ここには納期厳守と在庫引当という考えはありません。

 

外部のスケジューラと連携して生産計画の山積み山崩し

生産計画の山積み山崩し

生産管理と製造管理は相反する計算を行ないます。製造管理は生産現場に合わせて稼動しますので生産管理と生産現場のデータは合っていない事になります。生産計画の山崩しに作業時間と設備要件やスキル要件などをファクターに入れればより正確な山崩しが出来ます。もし生産管理システムとスケジューラを一つのシステムとして稼動させる事が出来ればメリットは大きいのですが、今まで、スケジューラのJOB割付を生産管理システムに戻すことは技術的にとても困難で大きな課題でした。設備又は工程を基準に品番単位で確定していく作業に適してします。例えば、成形加工とかプレス加工などのように設備に依存するものです。

スケジューラ連携の説明と手順

in-Fcatory V2は、生産計画とMRPの作業データを外部のスケジューラに渡しスケジューラでJOBの最適割付を計算します。そして、スケジューラから生産計画に戻し、もう一度生産計画とMRPを実行して作業を確定します。これはin-Factory独自の技術で、確定前のMRPデータに仮製番を付与し外部のスケジューラの計算結果をこの仮製番で生産計画に戻す事で、この難問を可能としました。
*連携するスケジューラに合わせて連携用のデータとマスタを作成しますので、別途作成費用が必要です。

手順

①生産計画を立案しMRPを実行して仮製番を付与MRP作業データを作成します。スケジューラ連携用のデータを作成します。
②スケジューラで割付条件に従ってJOB最適割付を行ないます。
③スケジューラのJOB割付データをin-Factoryに取込みます。
④取込んだJOB割付データを生産計画に変換します。
⑤生産計画とMRPを再度実行してMRP作業データを確定します。
⑥作業確定データをスケジューラに渡します。
⑦作業実績データをスケジューラに渡します。
⑧確定データと実績データをスケジューラで固定します。

 

がんすけと連携して生産計画の山積み山崩し

高額なスケジューラを使用しないでシェアウェアの「がんすけ」と連携して生産計画の山積み山崩しを行ないます。がんすけはガントチャート作成ソフトで自動での最適割付は出来ませんので手作業でJOB割付を行ないます。
生産計画・MRPのデータをがんすけで加工し、このデータを生産計画に戻します。再度MRPを実行して少しずつ確定していきます。「がんすけ」を連携対象とした場合は生産計画データの整合性保全の為に、BOMの最上位品番で生産計画を立てBOMの全データの連携が必要となります。
また、「がんすけ」では手配済みの確定データと生産計画の未確定の混在はできません。これは、確定データの変更を取り込む事ができないからです。
*「がんすけ2」はシェアウェアソフトです。別途ライセンス(1ユーザ2000円)のご購入をお願いします。

がんすけ戻し処理

データ作成と戻し処理の手順

①生産計画を立案しMRPを実行して仮製番を付与MRP作業データを作成します。がんすけ連携用のデータを作成します。
②がんすけのガンチチャートにMRPデータを表示します。
③がんすけのJOB割付データをin-Factoryに戻します。
④取込んだJOB割付データを生産計画に変換します。
⑤生産計画とMRPを再度実行してMRP作業データを確定します。

 

個別受注生産の確定作業データをがんすけと連動

in-Factory V2の作業データを「がんすけ」に取込み日程計画を作成します。このインポートデータは工程計画の用途に合わせて異なります。これは、「がんすけ」には項目の並び替えなど編集機能が無い為に生産管理システム側で編集してインポートデータを作成する必要があるからです。
工程の山積みや作業予定をスケジュールしたい時は工程・設備別を、設備の山積みや作業予定をスケジュールしたい時は設備工程別を選択します。

がんすけ連携の手順

まず、生産管理システムの作業データから「がんすけのインポートデータ」を作成します。次に、「がんすけ」を起動してCSVインポート機能を使い作業データを取り込みます。作業データがガントチャートで表示されますのでチャートの編集を行って下さい。

スケジューラ連携
*生産管理システムの作業指示書と日程計画とで差異が生まれます。これを考慮して運用してください。

設備・工程別の工程計画

設備工程別4

生産管理システムの作業予定を設備・工程別にガントチャートで表示します。繰り返し生産などで品番と設備が一意になる場合に有効です。これで設備の作業予定と負荷がわかります。

設備、工程、日付別の順に表示されます。

工程・設備別の工程計画

工程設備別1

生産管理システムの作業予定を、スケジューラで工程・設備別に表示します。多品種少量生産などで一つの工程に複数の設備を持場合に有効です。これで工程の作業予定と負荷がわかり、代替設備等での変更計画ができます。

工程、設備、日付別の順に表示されます。

製番・工程別の工程計画

製番工程別1生産管理システムの作業予定を、ガントチャートで製番・工程別に表示します。多品種少量生産などで製番単位で作業を進めており、工程管理を行う場合に有効です。これで工程の作業予定と負荷がわかり、細かな変更計画ができます。

製番工程、日付別の順に表示されます。

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »