生産管理システムを日本一安く導入します

ハイブリッドとマスカスタマイゼーション

次世代の融合型BOM

融合型BOM

次世代の統合化BOMとは、1つのBOM(部品表)内でMRP型と受注生産型の混在を可能とし、今後の生産管理システムの主流となると考えられています。共通の半製品を見込みて作成し個別受注生産で仕掛品の引当をお行います。生産形態の特性を生かし無駄を省いた量産(個別最適化生産)を実現します。

マスカスタマイゼーション生産

マスカスタマイゼーション生産とはハイブリッド生産が発展した生産方式で、ユニットや共通品などの製品の一部を見込み生産で大量に作り、製番型で客先の要望に合わせて製品の一部をカスタマイズ生産して出荷する方法で、次世代の生産方式として注目されており多品種を効率よく生産するのに適しています。

マスカスタマイゼーション生産の対応は、製番型は在庫引当をしないという概念を根底から見直す事で可能となりました。
in-Factoryはいち早くこの生産方式を採用しています。

%ef%be%8f%ef%bd%bd%ef%bd%b6%ef%bd%bd%ef%be%80%ef%be%8f%ef%bd%b2%ef%bd%be%ef%be%9e%ef%bd%b0%ef%bd%bc%ef%bd%ae%ef%be%9d2

ハイブリッド生産

ハイブリッド生産とは、製番型生産とMRP型生産を選択して生産する方法です。
製番型生産は受注入力と同時に、一件ずつ作業データを作成して作業指示書を発行します。MRP型生産は生産計画入力後にMRPを実行し、一括して作業データを作成して作業指示書を発行します。

in-Factoryは1つのシステムで両方の生産方法で業務を運営する事ができます。
*個別受注生産と生産計画は、製品マスタで品番毎に区別します。

%ef%be%8a%ef%bd%b2%ef%be%8c%ef%be%9e%ef%be%98%ef%bd%af%ef%be%84%ef%be%9e

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »