生産管理システムを日本一安く導入します

無料のクラウドサービスが利用できます

無料のクラウドのサービスを利用

 

クラウドサーバー使用の概要

in-FactoryV2のマスタ及びデータをクラウドデータセンターに保存する事で、全世界のどこからでもin-FactoryV2を使用する事ができます。
クラウドの使用では、in-FactoryV2を操作するパソコン内に仮想データを作成しクラウドセンターのデータと同期をとる事で共有化をします。

 

クラウドサービス利用の注意

・ クラウドサービスによって同期のタイミングが異なります。
例、microsoftのOneDriveは10分ごとに同期を行います。また、Dropboxはデータが更ごとに同期を行います。
・データの正誤性を保つ為に、小規模で使用して下さい。また同じ処理を同時に複数台で使用しないで下さい。インラインでは排他制御が作動します親機のマスタデータのみを同期の対象にして下さい。
・同期処理はパソコンに負担をかけますのでハイスペックのパソコンの使用をお薦めします。

 

クラウドサービスを利用のメリット

・簡単に接続ができて、営業所等の遠隔地での使用が可能となります。
・社長は事務所と自宅の両方で作業が出来ます。
・営業マンが出張先でin-Factoryを使用して作業状況の確認などを行いながら商談が出来ます。
・全世界で同じシステムを使用する事ができます。例えば中国工場の生産状況を日本で把握する事ができます。
・バックアップデータをクラウドセンターに保存することで、データの保管がより安心出来ます。

 

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »