生産管理システムを日本一安く導入します

in-FactoryV2の機能

in-FactoryV2の機能の紹介

in-FactoryV2だけの特別な機能とその他標準機能を紹介します。他社の生産管理システムと比較をして下さい。in-Factory V2には、今まで必要だけど無かった機能が沢山あります。これらin-Factory V2だけの特別な機能が工場の生産性を高めます。

Only One Technology in-Factory V2 だけの特別な機能

1. HighSpeed MRP2.0

in-Factory V2 は高速化したMRP2.0を使用しています。MRPの計算ロジックを根底から一つ一つ見直しを続けた結果として計算処理度が6倍速くなりました(当社比)。この高速化したMRPは業務中でもMRPの実行が可能となり業務の効率を高めます、さらに生産計画のシュミレーションもより容易になります。*MRP実行処理のベンチマークテストで20,000件の作業データの作成が4分で完了しました。またMRP2.0では、個々のデータに製番を付与しさらに細かく計算します。通常MRPは作業データの関連を分解して、個々の品番の在庫数で総所要量を計算します。しかしMRP2.0では進化して、さらに細かく分解し同一品番でも1件1件の作業データに製番を付与して個々の所要量を計算します。従いまして計算数は通常のMRPより増大します。この複雑な処理はハイスピードなMRP2.0で可能となり、これにより見込み生産でも製番による個々の管理ができます。詳細バナー

2. 次世代の融合型BOM(一つのBOMで見込み生産と受注生産を融合します)

次世代の統合化BOMとはマスカスタマイゼーションという考えの基本機能で、今後の生産管理システムの主流となると考えられています。1つのBOM(部品表)内でMRP型と受注生産型の混在を可能とし、共通の半製品を見込みて作成し個別受注生産で仕掛品の引当をお行います。生産形態の特性を生かし無駄を省いた量産(個別最適化生産)を実現します。
またこの機能により、個別受注生産でMRP2.0を実行し在庫を引当てた作業指示の作成も可能となりました。さらにこの時、生産計画と同じMRPを実行するので共通部品の在庫も共有します。詳細バナー

3.生産計画の変更と削除

従来までの工場では、大日程や中日程などの計画による量的生産が生産効率を高め利益が出ると信じられてきました。従いまして従来の生産管理システムでは計画変更の多様性は必要無く生産計画とMRPから作業指示を発行した後での変更はとても困難でした。
in-FcatoryV2は計画の多様性を考慮し、MRPから作業指示書を発行した後でも生産計画の変更と削除が可能としました。この場合は生産計画と一緒に作業データも一緒に変更や削除され、受注変更や内示変更の起因よる生産計画の変更を容易にします。

4. 統合バックフラッシュ機能(入力作業を省力化・簡略化します)

バックフラッシュとはSAPが標準としている機能で、後工程の入力で前工程の作業実績入力と仕掛在庫の引当を自動で行ない生産管理システムの運用業務を省力化及び簡略化します。工程バックフラッシュと組立バックフラシュがあり、工程バックフラッシュは、後工程の実績入力で前工程の実績計上と在庫引当を行います。組立バックフラュシュは上位部品の実績入力で関連する子部品の実績計上と在庫引当を行ないます。これにより業務のスピードがアップします。詳細バナー

5.  導入、運用とリカバリーを容易にする為にファイルシステムを使用

in-FactoryV2はあえてDBを使用していません。この開発はとて面倒で開発コストが増えましたが、お客さまの事をだけを考えると、システムの導入や日々の運用そしてトラブル発生のリカバリーを容易に行う為に必要でした。またこれにより、高速処理や汎用クラウドを使用する事も可能となりました。さらに、全てのデータはMDBに変換ができますのでAccessで活用する事ができます。

6. 生産計画MRPとスケジューラの連携

今まで、スケジューラのJOB割付を生産管理システムに戻すことは技術的にとても困難で、どの工場でも必要される大きな課題でした。in-FactoryV2は、生産計画とMRPの作業データを外部のスケジューラに渡しスケジューラでJOBの最適割付を計算します。そして、スケジューラから生産計画に戻し、もう一度生産計画とMRPを実行して作業を確定します。これはin-Factory独自の技術で、確定前のMRPデータに仮製番を付与し外部のスケジューラの計算結果をこの仮製番で生産計画に戻す事で、この難問を可能としました。
*スケジューラに合わせて連携用のデータとマスタを作成しますので別途カスタマイズが必要です。
*生産計画及びMRPは何時(工程納期)までに何個生産するかの計算をします。従いまして、生産計画に戻す場合の山積み山崩しは1日単位で行います。また、確定作業データをスケジューラで工程管理を行う場合は作業時間単位で山積みを行います。

詳細バナー

 

機能一覧

1.生産計画の山積み山崩し
生産計画・MRPの展開結果で作業予定の山積みを行い、生産計画の修正で山崩しを行います。
2.作業部門及び発注先の変更
外注注文書一括発行及び作業指示書一括発行の画面から、発注先、単価、納期等を変更する事ができます。
3.作業予定と実績の把握(予実管理)
作業実績入力で入力した作業実績を作業時間と作業金額で集計します。これで作業予定と作業実績の対比ができます。
4.材料の有効在庫一覧表
材料が何時欠品するか、何時、どれだけ発注する必要があるか、などを把握出来ます。
5.加工進捗管理表
品番ごとに、加工予定と加工実績をビジュアルに表示します。加工予定と完了は色を変えていますので進捗が一目で分ります。
6.不良状況解析表
現時点の不良発生状況をリアルタイムに集計します。不良発生理由は複数の入力が可能です。
7.個別原価計算
原価計算には「標準原価による予定原価方式」と「実績集計による実際原価方式」があります。in-Factoryでは製番単位で実績を収集し原価計算を行います。何が儲かっているか把握が出来ます。
(個別原価計算はお試し版に付いていません、正規版のご購入をお願いいたします。)
8.仕掛在庫の管理
通常在庫管理は入出庫を集計しますが、in-Factoryはみなし在庫数を集計します。これにより少ない操作で仕掛在庫の把握ができます。
みなし在庫では作業実績や発注受入実績が入力された時に工程在庫を入庫とみなします。また後工程の実績が入力された時に前工程在庫を入出庫とみなします。実在個との差異調整は在庫調整入力で行ないます。
9.価格交渉の対応
価格改定をスピーディに行う為の機能を追加です。販売価と仕入価の改定情報を事前に登録すれば、改定日に自動で製品マスタと受注データと発注データの更新を行います。

10.工場の見える化を推進(多彩なデータ照会機能)
in-Factoryは工場内のネットワーク上で稼動しますので各部門間で情報を共有する事が出来ます。また受注残、納期実績、作業残、作業実績など大事な照会画面にはCSV出力が出来ます。さらに全データはACCESSやSQLServerに出力ができます。データを二次的有効活用して独自の分析に役立てて下さい。

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »