生産管理システムを日本一安く導入します

個別原価計算

個別原価計算

原価計算には「標準原価による予定原価方式」と「実績集計による実際原価方式」があります。in-Factory Seibanでは各マスタの工程単価を積み上げる予定原価計算と製番単位で実績を収集する実際原価計算を行います。
この原価を品番別や得意先別に集計することで、何が、との得意先が、儲かっているか把握が出来ます。原価計算のポイントは、マスタを正確に作成する事と実績を確実に入力する事です。

製番別原価集計

原価の要素は、材料費、外注費・仕入費、労務費(加工費)、管理費、販売費、その他経費です。製番別にこの原価要素を計算して集計します。

原価引当

材料費

作業実績から使用した材料を引当てて計算します(バックフラッシュ)。材料単価が変動する事がありますが現在の仕入単価を用います(最終原価法)。先入先出法等を使用するには倉庫在庫管理が必要になり運用コストが膨れますので採用していません。

外注費・仕入費

製番単位に発注受入を入力します。受入時に入力した金額をそのまま原価に反映します。

加工費

製番単に生産実績を集計します。生産実績金額の計算は以下の2通りの方法があります。運用ができる環境を選択します。
①工程単価:個 (1個当たりの金額)× 生産数量
②工程単価:時間(1分当たりの金額)× 作業時間

管理費・販売費

会社マスタに率を設定し販売単価に乗算します。

その他経費

運賃・送料など支払いが発生するものは仕入費扱いで発注受入入力をして下さい。その他は諸口として合算を入力します。

製番別原価集計表

原価集計の結果は製番原価一覧表に表示します。製番、品番、得意先で抽出が出来ます。上部に原価項目の集計、下部に発生原価の明細(材料費、外注費、加工費)を表示します。材料費や実績が入力されていない場合は予定原価を実績原価に移行します。

原価表

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »