生産管理システムを日本一安く導入します

in-Factory Seibanの機能

in-Factory Seiban には使える機能が沢山あります

in-Factory Seiban は受注生産業務に特化した豊富な機能が沢山あります。また多機能で簡単操作が重要だと考えています。すなわち受注入力から作業指示書を発行し実績入力を行ない、完成後に出荷入力を行なうだけです。作業進捗は予定と実績とリアルタイムでビジュアルに表示します。また工程スケジュールは「がんすけ」と連動してガントチャートで表示します。
さらに製番別の個別原価集計で原価と収益の集計をします。  in-Factory-seibanの機能
このように受注生産の製造業に必要な機能を装備しております。

 

 

機能一覧

1.クラウド環境で使用が出来ます。

マスタ及びデータをクラウドデータセンターに保存する事で世界中で使用が可能になります。同期のタイミングで排他制御が正常に動作出来ない場合がありますので小規模での使用をお勧めします。

2.受注生産簡易MRP

一般的に受注生産型の生産管理システムは、受注してから生産を開始するので仕掛在庫を持たないと言う理由から在庫引当を行なわない事が前提となっています。in-Factory Seibanは受注入力と所要量計算時に仕掛在庫を引当てて作業指示数を計算します。

3.加工進捗管理表

品番や製番ごとに、加工予定と加工実績をビジュアルに表示します。加工予定と完了は色を変えていますので進捗が一目で分ります。

4.工程スケジュール管理

工程スケジュール作成ソフトの「がんすけ」とデータ連動を行い、作業の工程計画をガントチャートで作成します。工程計画は①設備・工程別 ②工程・設備別 ③製番・工程別 の3タイプで作成が出来ます。また、作業実績も連動する事が可能でガントチャ-トで予実管理もできます。

5.作業部門及び発注先の変更

外注注文書一括発行及び作業指示書一括発行の画面から、発注先、単価、納期等を変更する事ができます。

6.作業予定と実績の把握(予実管理)

作業実績入力で入力した作業実績を作業時間と作業金額で集計します。これで作業予定と作業実績の対比ができます。

7.個別原価計算

原価計算には「標準原価による予定原価方式」と「実績集計による実際原価方式」があります。in-Factory Sibanでは製番単位で実績を収集し原価計算を行います。何が儲かっているか把握が出来ます。

8.材料の有効在庫一覧表

部品加工業は材料を準備する必要があります。材料が何時欠品するか、何時、どれだけ発注する必要があるか、などを把握出来ます。

9.不良状況解析表

現時点の不良発生状況をリアルタイムに集計します。不良発生理由は複数の入力と表示が可能です。

10.工程バックフラッシュ

「後工程の作業が完了するという事は前工程の作業も同じだけ完了した」という考えに基づいて計算します。実際との誤差はあるかも知れませんが概算値でも通用すると考えます。

11.仕掛在庫の管理

通常在庫管理は入出庫を集計しますが、in-Factoryはみなし在庫数を集計します。これにより少ない操作で仕掛在庫の把握ができます。
みなし在庫では作業実績や発注受入実績が入力された時に工程在庫を入庫とみなします。また後工程の実績が入力された時に前工程在庫を入出庫とみなします。実在個との差異調整は在庫調整入力で行ないます。

12.価格交渉の対応

価格改定をスピーディに行う為の機能を追加です。販売価と仕入価の改定情報を事前に登録すれば、改定日に自動で製品マスタと受注データと発注データの更新を行います。

13.工場の見える化を推進(多彩なデータ照会機能)

in-Factoryは工場内のネットワーク上で稼動しますので各部門間で情報を共有する事が出来ます。また受注残、納期実績、作業残、作業実績など大事な照会画面にはCSV出力が出来ます。さらに全データはACCESSやSQLServerに出力ができます。データを二次的有効活用して独自の分析に役立てて下さい。

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »