生産管理システムを日本一安く導入します

日本的な生産管理システムについての考察

  • HOME »
  • 日本的な生産管理システムについての考察

 

生産管理の担当者や製造現場はいつも頭を悩ませています。

 

 

これらの悩みを解消するためにシステムを導入し、生産管理(生産計画)をシステム化することはとても有効な方法だと思います。オーダメイドのシステムを開発すると高額な費用がかります。パッケージシステムでは成功するか不安があります。

日本でパッケージシステムの導入がなかなか進まない理由は、欧米の工場と日本の工場の文化の差にあると考えます。欧米では、作業手順など何でもマニュアル化して「決められたこと決められたとおりにする」のが基本です。従って工場では「誰かが成功したシステム」をそのまま使い、それに合わせて現場を変えればいいという発想になります。

しかし日本の工場では、それぞれ特色があり「現場の人間が創意工夫して効率を上げよう」とします。こうなるとパッケージシステムが使用できなくなるか、あるいは妥協して一部だけ使用するという形になります。

パッケージシステムは業務を数値化してマスタとしての入力が必要となります。これは、よく標準化という言葉で表現されます。また、マスタが大きい程、運用の自由度は小さくなります。さらに、大きな工場から中小零細工場まで同じようなシステムでよいのでしょうか。パッケージシステムを導入するには、このような事をよく理解して進めるべきだと考えます。

日本的な生産管理システムについて考えます。
・ 工場の規模に合わせた運用方法がある
・ 生産形態(生産計画のやり方)がいくつもある。またよく変わる
・ 現場の判断で臨機応変に細かな指示変更が行える

当社の「 in-factory 」は、上記内容を持ち合わせており
きわめて日本的な生産管理と言えます。

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »