日本の未来を守る為に生産管理システムを普及

 

日本の経済成長を根底から支えるものは「強い製造業」であると考えます。それは地方での経済における製造業への依存度が他の産業より遥かに高いからです。
また、日本のGDPの約20%を製造業が占めており日本は金融立国ではなく「ものづくり立国」だと言えます。それなのに最近は地方の製造業は疲弊して元気がありません。グローバル化と少子化が進む経済状況では大企業の国内投資は縮小の一途で、そこに追い討ちを掛けるようにTPP、EPAなどで海外資本が日本に投入されてきます。資本がある企業は海外に活路を見出しますが、海外進出が出来ない中小製造業が生き残る為には、少なくなる需要に対応する生産能力と徹底した効率化を進めた合理化が必要です。

ドイツでは町工場でもSAPなどのシステムが導入して合理化を進めてます。また、自社工場だけでは合理化に限界が来ておりグローバルな視点で施策が進められています。つまり、全ての工場の生産・製造管理システムから発生するデジタルデータをインターネットで結び、AiやIOTなどに活用する事で国全体の効率化合理化を促進し(industry4.0)これをグローバルスタンダードとして世界を席巻すると言われています。
海外の工場に赴任した友人から聞いた話ですが、アジア諸国では「日本の技術に学べ、欧米の経営を学べ」と言われているそうです。海外の投資家は日本市場が開放された時にこぞって資本投下してくるかも知れません。

なぜこうなったのでしょうか、確かに欧米に比べて日本では工場のデジタル化は大きく遅れております。殆どの工場ではExcelか販売管理で賄っておりとてもグローバルな合理化には対応できません。industry4.0やIOTを進めるにもベースとなる環境が無くここから始める必要があります。
「このままでは日本は衰退する!日本の未来を守る為に、全国の工場に生産システムを普及しなければならない!」との強い危機感を持って、まずは生産管理システムを普及する為にフリー又は格安で提供し、操作教育及び生産管理講習などの啓蒙活動をすすめております。私は北は岩手県から広島県まで数多くの企業に伺い講習をさせて頂きました。

 

出資を頂ける企業を求めています。
当社の活動に理解と賛同頂ける企業があればこの活動を続ける事ができます、しかし賛同いただく企業がなければ残念ながら明日にでも提供を中止する事になります。ご支援を頂きましたパートナー企業様にはin-Fcatoryのソースプログラムを提供いたします。日本の未来の為にご賛同とご支援を頂けますよう心よりお願い申しあげます。

 

当社の活動の紹介ページ・・・・・生産管理システムを日本一安く導入します