生産管理システムを日本一安く導入します
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2017年3月

月別アーカイブ: 2017年3月

東芝の巨額損失問題

東芝の巨額損失問題とは 東芝問題とは、東芝の米国子会社であるウエスチングハウス(WH)が損失を出し、親会社である東芝が親会社補償(8000億)を求められる可能性があるというものです。 WHは原子力発電のプラント会社で、米 …

Industrie4.0が実現する日本の未来

Industrie4.0が実現する日本の未来 ドイツが世界の先端として提唱するindutre4.0を日本で導入すると、どのような未来が広がるか考えてみました。ダイナミックセル生産で工場のラインが変わり、スマート生産で計画 …

生産管理システムの失敗事例 N産業

生産管理システム導入の中断 N産業が、多額の費用をかけて開発した生産管理システムの導入を中断しました。この原因と理由を分析し失敗事例として公開する事で、生産管理システムの導入を検討している工場の教訓として頂きたいと思いま …

石川県では、製造業のモラルが欠如している

私は全国の工場で生産管理システムの導入を行ってきたが、石川県の工場でのモラルやコンプライアンスという倫理観の欠如には地元ながら嘆かわしい思いがする。このままでは明治維新の加賀藩のごとく石川県は時代に取り残されると思われる …

ものづくり. forumの開設にあたって

日本の経済成長を根底から支えるものは「強い製造業」であると考えます。それは地方経済における製造業への依存度が他の産業より遥かに高いからです。また、日本のGDPの約20%を製造業が占めており日本は金融立国ではなくものづくり …

Blog

個別受注生産から計画生産への転換

  計画生産のすすめ   受注生産を続けている限り製造業は停滞したままで日本経済は復活が出来ません。 製番型の受注生産は終身雇用と同じく日本固有の考え方で、多くの製造業ではこの生産方式を採用しているの …

製造業の終焉と復活

  日本の未来を守る為に生産管理システムを普及   日本の経済成長を根底から支えるものは「強い製造業」であると考えます。それは地方での経済における製造業への依存度が他の産業より遥かに高いからです。 ま …

靖国問題と国体維持

毎年8月になると新聞紙上を賑わす靖国問題について一考しました。私は右翼でも左翼でも無く、ましてや日本会議には興味もありません。近代史という観点から色の付いてない意見を解り易く述べようと思っております。本文は島田裕巳先生の …

人工知能(Ai)と自動化は異なる

人工知能(Ai)と自動化は違います。 人工知能(Ai)は最近よくTVなどで取り上げられているキーワードの一つです。私も、生産管理システムにAiが搭載されれば自動で最適な計画を立案出来るのですか?との質問を受ける事がありま …

東芝の巨額損失問題

東芝の巨額損失問題とは 東芝問題とは、東芝の米国子会社であるウエスチングハウス(WH)が損失を出し、親会社である東芝が親会社補償(8000億)を求められる可能性があるというものです。 WHは原子力発電のプラント会社で、米 …

Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »