生産管理システム導入の中断

N産業が、多額の費用をかけて開発した生産管理システムの導入を中断しました。この原因と理由を分析し失敗事例として公開する事で、生産管理システムの導入を検討している工場の教訓として頂きたいと思います。

業種・・機械加工
システムのポイント・・進捗管理、倉庫別在庫管理、部品表の構築

失敗の原因

生産管理システム導入作業はとても大変で、導入担当者や導入責任者は日常業務の他に重労働が要求されます。その為に導入責任者には権限を与え、作業を他の社員と分担しなければ進める事が出来ません。

導入作業の最大の難関はマスタ作成で、この難関を超えてシステム稼動練習と並行稼動を行ないます。
N産業はこの作業の初めで躓きマスタ作成が出来ませんでした。マスタ作成は工場の業務を数値で定義する事で、工場の業務を熟知している人しか作成が出来ません。従いましてN産業の担当者が頑張るしか無いのです。

失敗しないポイント

①導入プロジェクトチームを作り組織で導入する。
②工場を熟知した人がリーダとなりマスタを作成する。
③操作方法はプロジェクトチームが覚え社員に教育する。
④並行稼動は全員で入力し全員でチェックする。

 

続きは・・・ものづくりポータルのページ