第4次産業革命とはドイツ連邦政府が中心となって産学官が一丸となって推進している新しい製造業の姿である。インストリー4.0(industrie4.0)とはこの活動のキャッチフレーズである。

産業革命の歴史をおさらいしよう。

第1次産業革命 18世紀に蒸気機関で機械化された工場で生産が始まる
第2次産業革命 20世紀初頭に電力を使った設備と工場で大量生産が始まる
第3次産業革命 20世紀晩年にコンピュータを使った設備の自動化が始める
第4次産業革命 21世紀にインターネットと人工知能を使って完全自動化された工場による生産が始まる

第4次産業革命

第4次産業革命を簡単に説明するとインターネットを使って生産と供給を効率よく結び、人工知能を使って工場の効率化や柔軟性を高め、生産能力を飛躍的に向上させるものである。
いわば、各工場や供給のデータをインターネットで集め(IOT)ビックデータを構築し人工知能によつて各工場と供給間を効率よく繋ぐのである。

このように人工知能による自動化された工場をスマート工場(考える工場)と呼び、究極の工場の姿とされている。
そこにあるのは標準化と効率化の追求で頑固一徹の職人気質は完全否定されるのである。

日本において第4次産業革命が起きるか?

日本の製造業は「下町ロケット」に描かれたように現場中心に物事が進んでいる。
これは戦後の産業が労働集約型から変革できずにいた結果だと思う。
職人達による高い技術が売り文句であれば労働生産性は高いはずであるが、効率を追求しているドイツの労働生産性より日本は低いのである。

トヨタの「かんばん方式」に代表されたように日本は独自の生産方式を確立してきた。
このノウハウを全てインターネットで集めビックデータとして皆が活用
する事を日本の工場は望むだろうか。

今の日本において第4次産業革命は難しいと考える。
それは日本の製造業は労働集約型の現場主体で閉鎖的な工場が多いからである。しかも社内の風通しが悪いのに他社とのオープンな連携は考えにくい。
しかし呑気にしていると世界は新しい
規格で席巻されてしまうので要注意である。

スマート工場は現場だけではない

先に述べたように、次の時代を生き残るには管理業務のレベルを上げ現場主体からの脱皮が必要である。
これに対応する為に、まず次世代の生産管理は実績収集だけでなく効率よく生産する為の考える生産管理が必要となってくる。ITと人工知能とIOTによるスマート生産管理システムで自社の3.5次産業革命を起こしたら如何だろうか。

 

生産管理を支援するコミニティサイト「ものづくりポータル」で詳しく掲載しています。

http://fnw.co.jp/in-factoryforum/

 

 

 

 

ロボット工場