開発表明! 人工知能を持った生産管理システム

開発のコンセプト

第4次産業革命を乗り切る為には、インダストリー4.0を考慮したスマート工場で合理化とコスト低減が必須となります。
またそうゆう中でも競争力を維持できるよう、最新の人工知能と音声データを生産管理と経営者や担当者の
教育に繋げ、素早い判断と成長ができる生産管理システムが必要です。このシステムはまだ世界に例がありません。

フォースネットワークは世界初に挑戦してます。

また今回開発するシステムは、従来の最適化に加えディープラーニング技術による機械学習で精度を向上し音声認識による音声データの機動的活用を行うと共に、人工知能による担当者の教育と成長を可能とします。

段階的にリリースします。

レベル1 機械学習 生産管理システムの自動運転を行います。
レベル2 推論教育 生産管理システムを含めた工場内のデータと人の知恵、外部のデータから推論を組み立てます。
レベル3 音声認識 工場の音をインターネットで集めます(IOT)。この音を認識して迅速な対応をします。

HPで詳しい説明をしています 人工知能を持った生産管理システム

 

 

生産管理を支援するコミニティサイト「ものづくりポータル」で詳しく掲載しています。

http://fnw.co.jp/in-factoryforum/

 

 

 

人工知能