昨今、政府や官庁等から 「材料費増加分の適正な価格転嫁を要請する」事が発表されています。工場はこれを追い風としたいのですが、得意先と価格交渉を行う場合は自工場での具体的な資料が必要となります。また、激変する材料費と得意先の価格改定にスピーディに対応する生産管理システムが必要です

 

価格改定に対応する為に以下の内容を確認してみて下さい。

①得意先ごとに納入額と材料費及び加工費の集計ができてますか?
②どの品番の材料費が増加しているか把握できていますか?
③販売価格を交渉した後のシュミレーションが出来ていますか。?
④得意先や品番別に材料価格の改定前と改定後の集計が出来ていますか?
⑤生産管理システムで価格改定が簡単にできますか?

 

価格改定の機能紹介・・・ページへ

 

生産管理を支援するコミニティサイト「ものづくりポータル」で詳しく掲載しています。

http://fnw.co.jp/in-factoryforum/