鋳造原価計算の進め方のページを追加しました。鋳造業での原価や販売価はKいくらといった量会計で行われてきました。これを1品ごとの原価を把握し適正な売価を求めるような改革が必要であると考えます。今後、細かな計算式なども掲載していく予定です。