生産管理システムを日本一安く導入します

開発表明、Aiを搭載した生産管理システム

  • HOME »
  • 開発表明、Aiを搭載した生産管理システム

人工知能

開発コンセプト

第4次産業革命(インダストリー4.0)の波を乗り切る為には、インターネットとIOTそれに人工知能によるスマート工場をつくり徹底した効率化とコスト低減が必須です。しかし設備を自動化しても使う人が成長しなければ上手く運用がでしません。大企業ならば人材教育が出来ますが中小の工場はそういきません。そこで変化に素早い判断と対応が出来てさらに使う人が成長できるような生産管理システム*が求められます。

従来の生産管理システムは事務作業の軽減と実績集計が主な役割でした。そこで、当社は新しい時代の工場を見据えて世界で初めて人工知能を持った考える生産管理システムの開発を行ないます。
さらに今回開発するシステムは、従来の最適化に加えディープラーニング技術による機械学習で精度を向上し音声認識による音声データの機動的活用を行うと共に、人工知能による担当者の教育と成長を可能とします。
第4次産業革命の前に、自工場をAIとIOTによる3.5次産業革命を実現しましょう。

*最新の人工知能と音声データを生産管理システムに繋げ「生産管理と教育」を実現できるシステム

段階的に開発をします

レベル1 生産管理業務の自動化 

過去の蓄積されたデータとパターン(規則性)の組み合わせで生産管理業務を自動運転します。生産計画作成や最適な手配など専門職の高い業務及び作業実績入力業務など面倒な処理にコンピュータが代わって実行します。

レベル2 推論教育 

コンピュータが機械学習で求められた計算値加え、経験則及び外部のニュースから推論し関連する情報の提供や質問に対する答えを提供します。推論のパターンは$PROLOGで作成し、経験則などを加えるほど人工知能も成長し且使う人も成長します。

レベル3 音声認識と推論学習 

工場内の音声を集め工場の状況を音声として記憶します。これをコンピュータがディープラーニング技術で理解しビックデータの一つとして蓄積します。さらに、このビックデータから必要な情報や解決案を表示します。

開発中止のお知らせ

日本の製造業の未来を信じ次世代のの生産管理を追求してきましたが、今回のプロジェクトを共同開発していた企業に問題があり開発を中止する事になりました。ご支援やご期待を頂いたお客様には謹んでお詫び申し上げます。

人工知能を持った生産管理システムが描く未来(Smart工場)

生産管理業務の自動化(機械学習)

コンピュータが推論で答え考えます(推論教育、AI)

工場内の音声を集め問題があれば表示します。(音声認識、IOT)

人工知能を持った生産管理システムについてのご意見やご質問は当HPのお問い合わせからお願い致します。

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »