生産管理システムを日本一安く導入します

鋳造原価計算の考え方

鋳造業での原価計算は何故難しいか

鋳造業での部品1個当たりの原価計算を算出する事は、機械加工業や組立業の原価生産と違いとても難しいく難解です。それは鋳造特有の環境としてkあたりいくらとゆう考え方が定着している事と、溶解作業で1個あたりの原価算出が出来ない事と、不良の歩留まりを考えて多く作ること、が考えられます。
これらを、一つずつ解決していけば他の製造業同様に鋳造業でも原価計算を行う事ができます。

原価の種類

原価計算は、一般的にその目的により「実際原価」と「予定原価」に分けられます。「予定原価」は考え方さえ理解できれば、比較的楽に導入できます。

実際原価
製造が全て終了した時点で計算される原価です。正確です原価計算はがかなり複雑で大変です。仕上げ作業や加工作業は実績原価で行う事をお勧めします。

予定原価
製造を行う前に予定もしくは原価標準を設定し計算します。これはさらに『見積原価』『予算原価』『標準原価』に分かれます。よく鋳物工場の経営者の方から「我社はしっかりと原価計算をやっている」と聞きますが殆どは見積原価ではないでしょうか。

溶解原価
鋳造独特の原価計算で材料費、添加剤、電気代の溶解コストの計算をします。溶解コストは製造原価の中で高い割合を占めていますが、実績による実際原価より変動費を標準原価を率で計算した方が良いと思います。
見積原価・・・単位あたりに発生する原価を、主に勘や経験で設定し実際の生産高を乗じて計算する方法
です。比較的簡単に計算出来ますが、設定の根拠が弱く設定者の判断に依存する点に注意が必要ですのであまりお勧めはできません。

原価計算の準備(原価標準をつくる)

標準原価は単位あたりに発生する原価を、過去の実績に基づき算出し、生産高を乗じて計算します。
想定された環境の中で目標とすべき原価標準を作成することが重要です。

標準原価 = 原価標準(原価の原単位) ×  生産高

前年度実績から目標値を設定し、費用の単位ごとに原価標準を算出します。

原価標準の算出手順

  1. 過去の生産高と全ての費用項目の実績値を集計します。
  2. 費用項目の目標値を設定します。
  3. 目標値をkg、時間で割り原価標準を算出します。

原価標準の具体例

原価計算をしよう

原価標準ができれば原価計算ができたのと同じです。個々の生産高に原価標準を乗算するだけで原価計算ができます。

鋳造生産管理システムでは、溶解原価は材料費と電力費は変動費として標準原価率から求め、鋳造原価は標準原価から、中子・仕上費・加工費は外注費や実工数から、設備は管理費から求めます。マスタを設定すれば後は変動費と実工数を入力するだけですので意外に原価計算ができます。

原価標準は鋳物工場の能力を数値化したものでもあります
ドンブリ勘定から脱却する為にも ぜひ挑戦してください

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »