生産管理システムを日本一安く導入します

鋳造業を取り巻く環境

鋳造業を取り巻く環境

鋳造業を取り巻く環境は、海外(中国、インド等)との競争激化やメーカからの要求内容など大きく変化していましす。その中でもメーカからは鋳物加工済を納期厳守などの要求が多くなっております。
これからの鋳造業が生き残るにはこの要求に応えていく必要があります。

鋳造生産管理システムは何故必要か?

鋳造業は、「製造業の中でも特にIT化が遅れている」と言われれています。これは、鋳造工程が職人技で占められ、外部から閉ざされてきたからだと思います。
おそらく、受注売上管理と発注仕入管理、資材管理ぐらいしか導入されていないのではないでしょうか。
また、高コスト体質が競争力を低下させ改革にブレーキを掛けています。さらに、中国やインドの台頭を許す結果も招いています。鋳造業として強い体質を造る為に、新しい考えを導入して改革を進める必要があると思います。

鋳造業の悩み

  1. 仕掛在庫を減らしたい!
  2. 造型計画の作成に時間がかかる。造型計画は熟練者でないと出来ない。
    しかし後継者を育成する時間が無い。
  3. 作業の進捗(鋳仕上工程、加工工程)が分からない。納期問合せに悪戦苦闘する。
  4. 1個あたりの原価がわからない。何が儲かっているのだろうか?

鋳造業と他の製造業との違い

鋳造業と他の製造業との大きな違いは、溶解炉と造型機という特殊な設備と作業方法にあります。この溶解と造形は鋳造業でも各社で考え方が違うので、自動計算を行うには設備に合わせてシステムの変更が必要となります。
また製造業は作業効率を高めながら原価を低減する為に可能な限り負荷を分散する(究極は1個流しが理想)と言われますが、鋳造業は溶解炉の制約により逆に集約する必要があります。鋳物は製品によって鉄種・鋼種が違いますが、溶解炉は同じ種類のお湯しか沸かせないからです。

仕掛在庫の増加

鋳造業の大きな特長として不良率の高さがあります。これもまた技術的な問題は別として生産管理システムからこの問題を取り上げますと、これは仕掛在庫増加の要因となっています。
また、客先要求から納期と数量は守るらなければいけない。歩留まりが悪から多めに鋳造する。 余った生産物は溶かせば良い。

鋳造は儲からない

結局、受注数と生産数と納品数が正確に捉えられていないので無駄の把握が出来ておらず、鋳造業はなかなか儲からないということになります。鋳造業が儲かる為には、まず始めに工場の現状をありのままに数値化する事です。

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »