生産管理システムを日本一安く導入します

造型計画

造型計画

溶解の制約の中で効率を高める為に造型計画を作成しています。造型計画とは、溶解→造型→注湯の作業で、何時、何を、何個生産すれば良いかを決めます。
この造型日を基準にして鋳仕上げ等の後作業の手配計算を行う必要があります。
一般的な生産管理は納期から逆算して手配計算を行なうのと決定的な違いがあります。

鋳造日ごとに鋳造の計画(予定)数を入力します。
鋳造MRPを実行して、鋳造予定表の作成、中子の発注、研削・仕上等の作業指示書を発行します。鋳造MRPは造型日を基準として押上げ式で計算します。

造型計画数を入力すると、鋳込重量、枠数の計算をします。有効在庫を表示しますので欠品や作り過ぎに注意します

cast018

 

鋳造MRP

鋳造業特有の手配方法に対応する為に鋳造MRPを開発しました。鋳造MRPは生産計画を造型計画に変更しMRP計算を逆転しています。
造型手配や中子の発注はこの造型計画から作成されます。こうして生産した鋳物在庫を引当てた加工工程の作業指示を作成します。
鋳物は溶解や鋳造設備の制約があり納期を厳守した作業が出来ません。そので、鋳造日に合わせて順次に作業を行なう指示書を作成する必要あります。

鋳造手配の手順
①造型計画は、いつ、どの品番を、何個鋳造するかの計画を入力します。
②鋳造MRPは通常のMRPを逆転して計算します。造型日を基準としてショット、仕上げ等の指示書を発行します。
③鋳造、仕上の作業が終わったら作業実績入力を行います。
④鋳物の最終工程の実績入力(在庫入力)で鋳物在庫に計上します。
⑤加工作業の着手で鋳物在庫を引当てます

鋳造予定表

鋳造MRPから鋳造指示書を発行します。

cast011

 

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »