生産管理システムを日本一安く導入します

in-Factory for CAST

  • HOME »
  • in-Factory for CAST

フォース・ネットワーク は、次世代の鋳造業を担う全国の中小工場をご支援したくin-Factory for CASTを開発致しました。鋳造業は鋳造のみならず加工して部品として納入する事が求められています。そこで鋳造工場と加工工場が連携して稼動し、誰でも簡単に導入できる価格を設定しております。

まずは無料でお試しいただけます!

inーfactory for CASTのトライアル版は、造型計画や鋳造原価計算など製品と同じ機能を使用する事ができます。
トライアル版と詳しい資料をご希望の方はお問合せから申し込み下さい。

in-Factory for CAST(鋳造生産管理・原価計算)の導入目的

鋳造工程と加工工程を一元管理する。

①鋳造品と加工品の仕掛在庫を一元的に把握します。
②鋳造から加工・出荷までを一つの流れとする事でリードタイムを短縮します。
③海外の鋳造工場との差別化ができ競争に強みを出します。

鋳造加工品の1個当たりの原価を把握する。

①製品1個あたりの原価と利益を把握して収益の問題点があれば検討します。

仕掛在庫及び不良在庫を削減する。

①受注時、造型計画作成時に在庫引当を行い過剰生産を防止します。
②リードタイムを把握し納期短縮を実現します。
③不良、欠品等による出荷遅延を防止します。

業務の効率化(生産性)を向上する。

①鋳造品の在庫と加工工程の作業進捗情況を一目で把握することにより、納期問い合わせに即答可能とし且つ納期遅延を防止します。

in-Factory for CASTの対象範囲

鋳造業は、鋳物を生産する「鋳造工場」と鋳物加工の「加工工場」があります。
鋳造工場の流れは、溶解・造型・鋳込→鋳放・ショット→鋳仕上→鋳物在庫 です。
加工工場の流れは、鋳物在庫引当→加工→仕上げ→検査 です。
鋳造工場で生産した鋳物を中間倉庫に保管し加工工場で加工作業を行ないます。
このように客先納期に合わせる為に、鋳造工場と加工工場が連携して鋳物加工部品の生産を行なっています。in-Factory for CASTは鋳造工場と加工工場を対象としています。

 

in-Factory for CASTの特長

①鋳造工場と加工工場の両方が一つのシステムとして連動して稼動します。
②鋳造専用の「造型計画」と「鋳造MRP」が鋳造と鋳仕上の手配をします。
③加工作業では鋳物在庫を引当てて作業の手配をします。
④各データ照会では個数の他に重量も表示しま、鋳込み残の把握が出来ます。
⑤鋳造原価計算が出来ます。

in-Factory for CASTの概要

in-Factory for CASTは鋳造業と部品加工業という2種類の業種で稼動できるように、造形計画・造型MRP(鋳造手配)と受注MRP(加工手配)の2種類のMRPを実装しました。しかもこれらは一連の流れとして稼動します。

鋳造品の生産の流れ
造型計画を入力→造型MRP実行→造型手配書、中子発注→鋳仕上指示書発行→作業実績入力→鋳物在庫

鋳造加工の生産の流れ
受注入力→受注MRP実行→鋳物在庫引当→作業指示書発行→作業実績入力→納品(出荷)入力

鋳造手配と加工手配

鋳造工場と加工工場とで作業指示や外注発注の計算方法を変えています。1つの生産管理システムの中で2種類の計算を実行しています。

鋳造工場
鋳造品の手配は、初工程を基準として押し上げ式に手配データを作成します。
加工工場
加工品の手配は、納期を基準として引き上げ式に手配データを作成します。

 管理帳票

今月は○tの受注がある、来月は○tの見込みがあるなど鋳込み残の集計など、鋳造業では各種管理帳票に重量と鉄種の表示が必須です。
管理帳票に重量を追加しました。

 

 

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »