生産管理システムを日本一安く導入します

作業インポート機能

データインポート機能

多くの生産管理システムを導入していない工場では、客先の注文書からExcelで納期一覧表を作成しています。作業現場はこの表から作業量と作業納期と作業予定を考えて作業を行なっています。
工程スケジュール管理ツールには各マスタと所要領展開の機能がありますので、品番別納期一覧を取り込み、工程別に所要量を展開して作業データの作成が出来ます。
これは小さな生産管理システムとも言えます。

データインポート画面

 

1.Excelの品番別納期一覧(受注一覧)表を取込みます。

生産管理システムが無くても、作業指示書の発行及び工程スケジュール作成が可能です。

工程スケジュールをガントチャートで表示する為に、品番別納期一覧(受注一覧)から作業データを作成します。生産管理ソフトが無くても、ExcelのCSVデータを取込み所要量展開を行い作業データを作成します。このデータから作業指示書や工程別作業納期一覧表なども発行できます。

作業データ作成機能の処理の流れ

工程スケジュール管理ツールには、受注生産型の生産管理システムと同様に所容量展開の機能があります。品番別納期(受注)一覧表を取込み、各マスタと工場カレンダーから所要量を展開して、工程別に作業納期を計算して作業データを作成します。

作業データインポートの流れ

所要量展開の説明

品番Aを3月10日納期で100個を受注したとします。この受注情報を取込み、工程リードタイムや工場カレンダーから工程別に作業納期を算出します。また組立の場合は受注品番(親品番)から部品表で所要量展開を行い、パーツ(子品番)など部品構成表を作成します。

所要量展開の説明

 2.作業指示データを直接取込みます

マスタが無くても作業指示書の発行及び工程スケジュール作成が可能です。

工程別の作業一覧表がある場合は作業データを直接取込む事ができます。また、作業実績をインポートすれば工程スケジューラで予定と実績の対比が出来ます。この場合はマスタを登録する必要が無く、受注表から作業データを作成しません。
また、生産管理システムを使用中でしたらここから作業指示データをCSVにダウンロートして下さい。これからガントチャートで工程スケジュールを作成出来ます。

作業データインポートの機能の流れ

作業データの取込みには以下の4つの機能があります。お客様の事情に合わせて選択して下さい。

機能1・・Excelで作成した工程ごとの作業指示一覧を取込みます。
機能2・・生産管理システムをご使用の場合は、作業データのCSVを取込みます。
機能3・・Excelで作成した作業実績を取込みます。
機能4・・生産管理システムの作業実績データのCSVを取込みます。

石川県河北郡津幡町能瀬ワ47-5 TEL 076-289-6526

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Twitter
PAGETOP
Copyright © in-Factory研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »